ご挨拶
ご挨拶

顔写真2
ホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

近年、様な雇用形態が認知され、それに伴い労使間トラブルも非常に複雑化してきました。常に労務管理上のリスクと隣り合わせであり、企業としての対応が急務であることは周知の事実でしょう。

特に中小企業の人事労務管理においては、その複雑化した制度に対応していくのが困難になっているため、企業内での対応は時間的・人材的にも難しい状況へと移り変わっています。
このような環境の下、会社を守るためには、何よりまず労使トラブルの発生を未然に防ぐ制度の構築と運用が必要です。またトラブルが発生した場合は、正しく迅速に対応して問題を複雑にせず、円満に解決することが求められるのです。

当事務所ではプロのノウハウと熱意をもって、このようなリスクから解放され、良好な労使関係を築き、まさに本業に専念できるような職場作りを目指して頂きます。
また、当事務所ではお客様と膝と膝を突き合わせての対面型コンサルティングを基本としています。
お電話だけでは分かりづらい部分など、伺って丁寧に対応させて下さい。

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
時間外労働・休日労働に関する協定届
2021年4月1日から協定届の押印が廃止され、適格性チェックボックスが追加された時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定届)の様式です。
shoshiki835.docx  shoshiki835.pdf

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、勤務間インターバル制度についてとり上げます。>> 本文へ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

民間企業の障害者実雇用率 過去最高の2.25%の実績2023/01/31
2023年4月から中小企業も対象となる月60時間超の割増賃金率引上げへの対応2023/01/24
年次有給休暇の取得義務にまつわるよくある質問2023/01/17
36%の企業が同一労働同一賃金問題に未対応2023/01/10
常時雇用労働者の定義・カウント方法2023/01/03

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 2023年4月より労働者数が1,001人以上の企業は、男性労働者の育児休業取得率等を公表する必要があります。このように、企業規模により情報の公表が義務付けられているものがあることから、以下ではその内容をとり上げます。 >> 本文へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 2月は年末調整の後処理が終わり一息つく時期ではありますが、新年度が近づいてくるため、新入社員の受入れや昇給の検討等、4月に向けて準備を行う必要があります。スケジュールを確認して漏れのないよう業務を進めましょう。 >> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
拘束時間
始業時間から終業時間までの時間のことをいう。労働時間と休憩時間の合計が拘束時間となる。

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

女性活躍推進法に関する制度改正のお知らせ 女性の活躍に関する「情報公表」が変わります
情報公表の項目に「男女の賃金の差異」が追加されたことを周知するリーフレット。2022年12月28日に通達が改正され、リーフレットが改訂されている。
重要度:★★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2022年12月
nlb1536.pdf
お問合せ
社会保険労務士法人 クレディ

神戸オフィス
神戸市中央区橘通3−2−3
TEL:078-367-5350
FAX:078-367-5351

大阪オフィス
大阪市天王寺区東高津町11-9
TEL:06-6777-5333
FAX:06-6777-5340

メールでのお問合せ